どこいく介護(福祉)タクシー ブログ

三重県津市の介護(福祉)タクシー 患者等搬送事業者(津市消防局認定)|4名様まで乗車可|当日予約OK|外国人対応OK

9月運行日誌


三重県津市の介護(福祉)タクシーのドライバーです。8月のお盆は、夏休みが取れず、9月半ばに夏休みをいただきました。

サンフラワーで別府までの船旅。アフリカンサファリ、湯布院、阿蘇山、やまなみハイウェイ、九重山、鉄輪温泉、別府から八幡浜までフェリー、金比羅山に立ち寄り津までロングドライブ。フェリーは、バリアフリーになっていて車椅子利用者様も船旅を楽しんでいました。


8月

三重県津市のどこいく介護(福祉)タクシーのドライバーです。
31日 2週間程前に届いていた問い合わせのメールを見落としていました。返信をせずに、2週間近くそのままになっていました。猛省しています。

某日 亀山市の病院から鈴鹿市の施設まで退院の依頼を前日に受けて、当日千葉から帰省して同乗した娘さんは、高校の同級生でした。パンフレットを見て、もしかしたらと、降車後、声を掛けられて判明。世間は、狭いです。同世代の親が、80代になってきました。

お盆 ご家族と食事を一緒にするため施設から木曽路ヘ送迎したり、お墓参りの送迎。 サティまでお買い物の送迎などなど。

猛暑が続いています。車椅子利用者だけでなく、高齢者でタクシーが必要とされている方に利用してもらってます。友人が入所している施設、郵便局、銀行、スーパーに松菱へ送迎しています。


7月


三重県津市の介護(福祉)タクシーのドライバーです。
某日 市営アパートの3階から担架を利用して階段を下りて通院介助。

某日 久しぶりに三重中央医療センターの救急に行きました。パンフレットを公衆電話の横に置かせて頂いているのですが、どこいく介護タクシーのパンフレットだけ裏側になっていて、他社さんのパンフレットが一番上に置かれていました。こころの医療センターにも置かせてもらっていますが、問い合わせが全くないのに、どこいく介護タクシーのパンフレットが無くなっていました。
榊原温泉病院も同じようなこと起こっています。
悲しいことです。

21日 耳の遠い一人暮らしの利用者様から3ヶ月ぶりに夕方に電話がありました。頭痛がするから病院へ行きたいとのこと。エアコンのない部屋で生活していることは知っていたので、急いで自宅のアパートへ。歩行も意識もしっかりしていたので、少し安心。土曜日の午後に開いている内科を調べ、電話で確認し連れていきました。軽い熱中症で点滴を受け、お薬を処方してもらい自宅へ。エアコンを買いたいとのことで、翌日、量販電化ショップへ付き添い。エアコン取り付けは、8月半ばになると店員さんから説明を受け、知り合いの個人電気屋さんに連絡。自宅へ送り、取り付け場所の写真を電気屋さんへ送付。大型電化ショップの標準工事費用では出来ず、見積りを取り、総額費用は、高くなりましたが、2日後の24日夜に取り付けていただくことになりました。

某日 赤塚植物園で待機。熱帯性睡蓮がたくさん並んでいました。


6月

三重県津市の介護(福祉)タクシーのどこいく介護タクシーのドライバーです。

某日 各病院にパンフレットを置かせて頂いています。三重中央医療センターと榊原温泉病院に置かせてもらっているパンフレットは、問い合わせの電話もないのに、どこいく介護タクシーのパンフレットだけが無くなっているのが、2年程続いています。同業者さんからパンフレットの位置は、一番前に置かないように忠告受けたこともあります。せこい事は、したくないです。更なるサービス向上を日々努めていきたいと思っています。


6月9日 今週は、リクライニング車椅子とスロープを利用して、退院、通院送迎が多い週でした

6月7日 昨日、梅雨に入りました。今日は、曇り空で夕方に仕事終わったので、ヨットハーバーにてルアー釣り。釣れそうな気がしたのですが、坊主でした。家に戻り、21時過ぎに武内病院から電話あり。 救急で搬送された患者さんをリクライニング車椅子とスロープにて自宅まで送迎させていただきました。


5月 運行日誌


三重県津市の介護(福祉)タクシーのドライバーです。
5月31日 津市市役所まで送迎サービス。今年もまた、カルガモ親子が泳いでいました。

大門商店街のアーケード撤去作業が始まりました。

5月9日 
この1ヶ月の間に、母がベッドから椅子に移動する時に、転んで畳の上で寝たままになっている、一人では移乗出来ないので介助依頼を2件受けました。老老介護や親子2人で生活している家庭です。
踏み台やバスタオルを使って両脇を背中側から抱えてベッドに移乗しました。
介助料金2000円頂いていますが、町内にが
有償で介助サービスをしてくれる人を登録制度で設けるとか、何か良い方法が、これからの時代、必要だと思います。

5月8日
ある入所施設の契約書には、電化製品は、1日につき30円。(ただし、テレビ、電気毛布などの消費電力量の多い電化製品に適用。)とありました。常識的で良心的だと思います。ある病院系列の施設は、コンセントの付いている製品は、使用しなくても1日あたり50円となっています。 携帯電話の充電器、電動ひげ剃りも使用するしないに関わらず、1日当たり50円の電気代をいただきます、となっています。
職員にこの契約内容は、利用者様の家族の要望で改めることは出来ないのかなと、尋ねてみたのところ、奇数月に行う協議会に議題としてあげるとのことでしたが、まだ返事がないです。2月に申しあげて5月になってしまいました。

某日 津お城公園の横にある津市援護課まで送迎させていただきました。

某日 利用者から依頼があり、電気店でLANケーブルを買って家まで届けさせていただきました。

某日 大門病院から四日市市民病院までストレッチャーにて転院サポートをさせていただきました。